<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

うつろい



稲吉オサムさん、デレック・ラーセンさんの展覧会
無事終了いたしました。

ご遠方からたくさんのお客様のご来荘、ほんとうにありがとうございました。



今回は3つの茶室に茶器や花器の展示も。


期間中には季節もゆっくりと移ろい
庭の花々もつぎつぎ咲いては散り
障子一枚で内と外とを分ける茶室は
自然と季節を肌で感じることのできる空間と
あらためて実感しました。


お客様と作家さんと
一緒に過ごしたこの3週間。

印象深い春の展覧会になりました。



c0108633_23235095.jpg

[PR]
by kisekiso | 2010-03-24 23:26 | イベント

日本を食べる。

稲吉さんとデレックさんの展覧会にあわせ
お茶の先生や陶芸家の方々、
日本在住の外国の方々、
毎日たくさんのあたらしいお客様との
出会いがあります。


鳳来にお住まいのデレックさん、
おみやげにナント『蜂の子』をもってきてくれました。
岐阜や愛知の山のほうでは
今も普通に食されています。

瓶詰めにされたその姿は
かなりインパクトはありますが
昔はタンパク源として大切な食材のひとつ。

醤油や味噌で味付けがしてあり
ご飯にのせたり、酒のあてにしたり。
学生の頃 はじめて美濃を訪れた際
知人の食卓にならんだ ヘボ(蜂の子)を見たときには
目が眩みました。



「あ!こちらも美味しいものがあるのよ」と
お礼に先日手に入れた
ひれ酒用の篠島の「とらふぐのひれ」をお返ししたら
かなりビックリのデレックさん。
飲み方を説明するとまたまたビックリ!


知れば知る程底なし日本の食文化。

おいしいお茶もいいけれど
日本酒が入ればますます話はつきません。


c0108633_15202786.jpg

写真:二畳の茶室にて
[PR]
by kisekiso | 2010-03-08 15:27 | お庭

陶・稲吉オサム・デレックラーセン展

稲吉オサムさん、デレック・ラーセンさんの展覧会が
火曜日からはじまりました。

たくさんのお客様のご来場、誠にありがとうございます。

初日はお2方も来荘。
作家2名を囲んでみなさんとの楽しい時間がすぎてゆきました。


稲吉さんの瑞々しい感性の作品と
デレックさんの落ちついた作品を
みなさまお手にとり

洋館サロンではその器でお茶を召し上がり
また庭園茶席では温かな陽射しの中で
季節の花と花器を眺めていただきました。


会期中毎週土曜日作家来荘予定です。


皆様のご来場、心からお待ちいたしております。



c0108633_1350711.jpg


写真:撮影中ちょっと緊張気味(?)の稲吉さんと、終始ニコヤカなデレックさん
[PR]
by kisekiso | 2010-03-04 13:50 | イベント