<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クリスマス

c0108633_12364818.jpg


今朝機石荘につくと、素敵な切手のはられた封筒が届きました。

料理研究家の飛田和緒さんからのクリスマスカード。緑茶に白桃・キウイがブレンドされているフリュイヴェールを愛飲していただいている大切なお客様で、ネットにもお気に入りのお茶としてご紹介いただきました(http://www.asajikan.jp/guest/kazuo_hida/)。飛田さんのお料理からは、背伸びしなくても丁寧に手間ひまかければ身近な素材で美味しいごはんがつくれる、そんなちからをいつもいただいています。カードをひらくと、なんと筆字のメッセージ。なんだかとてもうれしくなり、週末いただいた少し開きはじめたパープルのヒヤシンスを造形作家わたなべみちこさんの花瓶にいれて箪笥のうえに一緒にかざってしまいました。

郵便屋さんが寒い中自転車で運んできてくれた小さな封筒は、サンタさんの赤い洋服の色のようでした。
[PR]
by kisekiso | 2007-12-25 12:31 | 日々の雫

毘沙門天と宝船

c0108633_14374872.jpg


黒田健嗣さんは、九谷 長左氏のもとで修行をされた陶芸家。陶房へ伺ってまず驚いたのは、あらゆるジャンル・芸術・歴史・動物・植物......の本が壁一面を覆い尽くしていること。わたしが何か質問をするとその質問が扉となり、話の世界はつぎからつぎの世界へと広がってゆく。どちらかというと無口な印象なのだけれど、彼の興味の分野に一歩踏み出してしまうと止めるまで話は終わらない(笑)。

3年ほど前に初めて手にした彼の作品は、染付の宝船。新しいと分かっていても、どこか懐かしい不思議なうつわ。大好きなトリュフのショコラをのせようと手にした一品。家に帰ってうつわを眺めるにつれ、無性にその形がなぜか気になってしょうがなくなり、結局トリュフはのせずに棚の中へ。そしてまた棚からだして眺めてまたしまう、そんな事を繰り返し、年始に機石荘の蔵の桐箪笥の上へおいてみました。すると、ご要望があまりに多く、急遽黒田さんに展覧会のお願いを。

作品搬入を終えた黒田さんに、ずっと気になっていたこのカタチはいったいどこから浮んできたのか聞いてみました。するとこれは毘沙門天の鎧の一部を発展させた、という意外な答えが返ってきました。

ご存知の通り毘沙門天は梵名ヴァイシュラヴァナ、インドでは財宝神とされ、全てを聞く、という意味から四天王の一尊としては「多聞天」とも訳されています。鎧を着ているという特徴から、中央アジアを伝わる過程で武神としての信仰がうまれたそうです。そういえば先日終わってしまったNHKの風林火山の中でも毘沙門天は話をすすめる鍵になっていました。

毘沙門天と宝船、仏像好きなわたしにとって、気になる理由はどうやらここにあったようです。
黒田健嗣展 12月29日(土)まで開催しています。
[PR]
by kisekiso | 2007-12-20 15:49 | うつわ

飛来

c0108633_12233878.jpg


昨夜から降り続く雨、そんな中、今朝この冬初めてのまっ白な海鳥たちがたくさんやってきて、川の魚を急降下で捕っていました。この辺りは木曽川、日光川にはさまれた土地。真冬の夜中から明け方にかけて川の近くは霧がたちこめ、視界はほとんどありません。ちょっと不思議な風景です。

さて今年は真赤に色付かなかった庭のもみじですが、光が射すと金色に輝きとても美しい光景となりました。この雨で明日からは毎朝の大量な落ち葉拾いから解放されるでしょう。すると次は枯れた庭の美しさが広がります。そしてもっと寒くなれば雪景色が。今年もあとわずかです。
[PR]
by kisekiso | 2007-12-13 12:13 | お庭

驚きの赤いお茶

c0108633_18392777.jpgc0108633_181852100.jpg


















2回目の紅茶教室も無事おわりました。偶然たちよった10年来の男性のお客様も飛び入り参加となり、にぎやかな時間となりました。話はセイロンを中心に始まり、そしてアッサム、ニルギリ へと続きました。今回のテイスティングのお茶は以下のようです。

写真左 手前から
セイロン
  ヌワラエリア  サムボーディ      F.O.P
  ウバ       ネリュワ         O.P
            セントジェイムス   O.P
            セントジェイムス    B.O.P
  ディンブラ    ペティアガラ     O.P
  ギャル      カレボッカ       F.O.P

アッサム  夏摘  バザロニ       T.G.F.O.P

ニルギリ       ティソラキャリントン S.F.T.G.F.O.P


「ネリュワ独特のメンソール香!」「これが本によくでてくるゴールデンリング!?」「ハイグローウンでも環境によってこんなに違いが!」などなど驚きの声が絶えず、にぎやかで楽しい時間となりました。

次回1月は中国紅茶です。
          
[PR]
by kisekiso | 2007-12-08 18:37 | お茶