カテゴリ:うつわ( 14 )

ゴールデンウィーク休まず営業!

みなさま
いかがおすごしでしょうか?


お休みもあとわずか。
体をやすませる方、
おでかけされる方、
どうぞ安全に、楽しくおすごしくださいませ。



さて、大人気ガラスの展覧会もあと1週間!
「今回はいつもよりカラフルでかわいらしい作品が多いですね^^」
とのお声がたくさんでしたが
こんな新作も、あるんですょ。


c0108633_17141270.jpg



クリアーのガラスにフルーツやお花のようなモチーフのついた花器。
とても人気で残りわずかとなりました。


みなさんならどんなお花をいけますか?


機石荘サロンは連休中はお休みなしで営業中。
みなさまのお越しをお待ちいたしております。




c0108633_17172840.jpg

[PR]
by kisekiso | 2015-05-03 17:19 | うつわ

ねこ展・作家紹介・北野敏一さん

LE CHAT ねこ展、
ねこ好きさんもそうでない方にも
好評開催中です。


きょうはわたしたちが大好きな陶芸家"北野敏一さん"の作品を
ご紹介いたします!


c0108633_17192261.jpg



今回はあらたに9寸の大皿をお送りいただきました。

石川県金沢の美しい犀川のほとりに工房をかまえる
北野敏一さん。
呉須の藍色の美しさ、そして北野節(?)とでも言うのでしょうか(???!)
この絵の渋さ。
どこか懐かしさをおぼえるその器の有り様は
計算されつくされた工業製品(プロダクツ)の美しさの対局にあり
同じ絵柄でも、北野さんの筆遣いをそれぞれに感じることができる
特別感があります。

手にとると、その大きさ、なじみのよさ、そしてこの感触と言ったら.......



c0108633_17324616.jpg



そして上の写真はお取り皿にぴったりサイズ。
私達も日々つかっているお気に入りです。
ぜひぜひお手にとって感じていただきたい作品です。

同時に飯碗もいくつかお送り頂きました。
新しい年に新しい特別な器はいかがでしょうか?


ネットショップ"ギャラリー"にも追って様々な器を掲載いたしますので
どうぞご覧くださいませ。


→ネットショップ*北野敏一作・五寸皿"じゃれねこ図"




PS: ちなみに以前おウチで撮った写真があったのでアップいたします。
  頂いた松本の本わさび。お肉と日本酒と一緒に♪
  


c0108633_1883788.jpg

[PR]
by kisekiso | 2013-12-05 17:36 | うつわ

秋の展覧会・好評開催中!


ただ今新しいHPを製作中!
皆様にはご迷惑をおかけいたしております。

ブログとネットショップは通常通りご覧頂けますので
何卒宜しくお願い申し上げます。



c0108633_71596.jpg




近藤裕久さんの展覧会、好評開催中です!
お隣水鶏庵とのコラボランチも大人気。
ことしからはじめたコラボランチ、
お料理はもちろん人気なのですが
お手みやげも好評です。
それもそのはず!
毎回それぞれの作家たちが
大サービス(?!)で素敵な作品をつくってくださっています。

今回のお手みやげは........
とここで言ってしまうと楽しみが半減してしまうといけませんので
お楽しみということで。

予定数は全て1週目でなくなってしまいましたので
明日火曜日、また新しい作品群30個届きます。
数に限りがございますし
同じものはございませんので
是非ともお早めにお立ちよりくださいませ。



c0108633_750439.jpg




お気に入りの器で美味しいお茶をたのしんだり
季節の花を花器にそえたりと

ゆっくりと
秋のひとときを味わえますように。。。




追記:蔵1階では常設展として様々な作家作品を展示しております。

うつわ:北野敏一(犀川) 藤田啓三(京都)

アクセサリー:tetsurrow(ttrw), Hasek, Magische Vissen, Booze bird, Ozawa Sayaka
[PR]
by kisekiso | 2013-09-23 07:46 | うつわ

お茶と器の美味しい関係

好評開催中の梅田洋陶展、
ご来場まことにありがとうございます。


展覧会にあわせた
お隣水鶏庵と機石荘のコラボランチ。
中日新聞さんに掲載があったことも手伝いとっても好評です(^^)
梅田さんの器のお手みやげつきとあり
1週目あっというまに予定のお客様数に達し
急遽梅田さんに器を追加していただきました。



c0108633_13543511.jpg

[御本茶器:抹茶オーレ、金彩四方皿:小豆のはいった抹茶シフォンケーキ]
御本も金彩も、抹茶の緑がよく栄えます......




お手みやげはシリーズ『御本』から
茶器やお皿などお好きなものをお選び頂いております。

追加の器ものこり10客!


暦のうえではもう春とはいえ
まだまだ寒い日が続きますが
蔵2F展覧会の雰囲気も、梅田さんの作品ならではの
優しく柔らかな雰囲気が漂っています。



ひと足はやい春を感じに........

みなさまのお立ちより、心よりお待ち致しております。



梅田洋 陶展 2月16日土曜日4時半迄
最終日 作家在廊
(コラボランチ・御予約承ります)
[PR]
by kisekiso | 2013-02-07 16:41 | うつわ

到着!


さて、今年もはじまり
いつもどおりの機石荘。


しかし今年はひさしぶりにギャラリーにさまざまな作家さんたちが集まりますょ!



c0108633_14413690.jpg




今朝届いたのは、機石荘でおなじみの人気の梅田洋さんの作品。
1月26日(土)から約3週間開催となる展覧会のためのものです。
明日DMの撮影があるのですが、その前にケータイでパチり。

お茶屋機石荘での展覧会を意識してくださったのか
気軽にお茶を楽しめるマグカップに、まぁ、お菓子が栄えそうな器たち!
もちろん今迄の人気シリーズもやってきます。

また、今回はお隣の水鶏庵とのコラボもあり
梅田さんの器のおみやげつきのお食事も!(もちろん美味しいお茶とお菓子もついています^^)
かなりお値打ちなセットになりそうなので
器の数に限りがありますのでご予約制となりそうです。


ことしはさぼり気味のブログも
もすこしまめにアップしたいと思いつつ.....(^^;)


機石荘の庭の白梅の咲く頃の
梅田洋さんの展覧会を
どうぞお楽しみに!





うつわ・梅田洋展
1月26日(土)ー2月16日(土)
[PR]
by kisekiso | 2013-01-10 14:53 | うつわ

蓮のうつわ





c0108633_21271619.jpg




この鉢、素敵でしょ?


先日ブログにすこし登場しましたが
機石荘にいつもお立ち寄りくださるご住職、
蓮を育てる名人で
夏にお寺を訪ねれば
いろとりどり かたちもさまざまな
蓮の花たちが お出迎えをしてくれます。



機石荘で何度も展覧会を開催している黒田健嗣さんの器をお気に召したご住職
夏がすぎてもまだまだ蒸し暑いある日

「蓮鉢がほしいなぁ........」


ご住職のお好みをしっかりふまえ、黒田さんと私で打ち合せをなんども重ね
やっとできあがったのがこの蓮鉢。



鉢をご覧になったご住職
それはそれはうれしいそうな笑顔で


「ん〜、この鉢にはあわい色の蓮がいいなぁ............」




お釈迦様の花 蓮の花

どうぞ どうぞ この夏も
美しい花
たくさん咲かせてくださいませ。
[PR]
by kisekiso | 2011-03-15 21:44 | うつわ

お茶とうつわのたのしみ


寒い日が続きます。
寒い!と思えばやっぱり紅茶。紅茶は体を芯からあたためますからネ。

でも、陽射しがほんのりやわらいで
春の気配を感じはじめると
どうしても「緑茶」も気になりはじめます。



機石荘では2月の中旬、新しい緑茶が届きますので
みなさまあとしばし、緑茶情報はお待ちくださいませ。


緑茶用にあたらしい器を。。。
と京都の陶芸家、藤田佳三さんの器を今日はご紹介いたします。


c0108633_17442591.jpg



京都出身の藤田佳三さんは
「安南手」といわれるベトナム風の焼物がとても有名です。(藤田さんの赤絵も素敵!)
呉須のにじみ流れの景色が美しく、地のやさしい色合いも柔らかく
手にとるとなにか「ほっ」とするこの器。


藤田さんのファンはとても多く、大好きな人気のブログ「よめ膳@YOME カフェ」さんでは
美味しそうなお料理が藤田さんの器でよく登場しています。
レシピも掲載されていてとっても助かるブログなのでこちらも是非のぞいてみてくださいネ。


c0108633_17533229.jpg




お茶にあわせて器をえらぶ
とってもぜいたくなことではありますが
お茶好きの楽しみの1つでもありますネ。


オンラインショップにアップしましたので是非ごらんください。
[PR]
by kisekiso | 2011-02-05 17:56 | うつわ

うさぎのうつわ と あらたなうつわ 展





c0108633_2355160.jpg





夜になってぐっと冷え込んできました。

あっというまに師走。
もうすぐにあたらしい年がやってきてしまいますね。


来年の干支はかわいらしいうさぎ。
おなじみの黒田健嗣さんにうさぎの器をつくっていただきました。
写真のうさぎの器のほかに、鳥獣戯画からとびだしたうさぎもそろいました。



また新しい年をあらたな気分で.......
という方には、梅田洋さんの銀彩や藤田佳三さんの安南手などはいかがでしょうか?


数にかぎりがありますので
ぜひとも、お早めにご覧くださいませ。




そうそう、安南手と言えばベトナム。。。
ベトナムでは、卯年のかわりに猫年というそうです。

素敵なあたらしい年になりますように。




c0108633_01230100.jpg

[PR]
by kisekiso | 2010-12-04 00:07 | うつわ

新たなおつきあい・そして新茶!

ゴールデンウィークも終盤にはいりました。お休み疲れ、でていませんか?ミヤワキマコト展も無事終了、昨夜搬出がおわり18世紀の木馬も帰ってゆきました。ミヤワキ君の展覧会はいつも時間をトリップしてしまうような感覚があるので、日常にまたもどったようで少し寂しくもあります。。。。どんな展覧会も終わってしまうと寂しいのよね。

と、センチメンタルになっていられません。機石荘は6月まで企画展はおやすみ。残り5月は常設展となりますが、新しいおつきあいの作家さんたちの作品が少しずつですがおめみえします。焼き〆のポットがルゥールで美しいと大好評だった竹内真吾さん、そして安南手の藤田佳三さん。
そのほか機石荘でいつでも人気の濱中史朗さんの茶器がならびます。

また5月中旬からはやっとフリュイヴェール・そしてお待ちかね2008年ダージリンファーストフラッシュが入荷いたします!スタッフは茶葉検査に追われる日々が続きます。。。お茶とお茶器をたずねてぜひいらしてくださいね。
c0108633_13532065.jpg

藤田佳三さんの安南手・小湯呑(¥2500)急須(¥14000)
[PR]
by kisekiso | 2008-05-04 14:03 | うつわ

梅田洋 展


今年の梅田さんは一味ちがう。
お客様の多くもそう思っているようです。

おなじみ御本金銀彩のほか白磁・黒磁炭化の新シリーズが加わったから、という理由ではなさそう。とにかく色々な方が、「彼、かわりましたねぇ」と。

彼の焼き締めファンには残念ながら数が少なく肩を落とされる方も多いかもしれませんが、
特に御本金銀彩ファンには、なんともたまらない展覧会のようです。

梅田さんいわく、書家からの注文による作品から新しいイマジネーションをえている、とのこと。
異ジャンルとの交流が磁器のシリーズをはじめるきっかけとなり、そこから新しい作品が生まれている。

としても、それ以上に今までの「静」のイメージからの変化を感じているのはわたしだけではなさそうです。

梅田洋展 3月29日土曜日までです。
[PR]
by KISEKISO | 2008-03-16 15:55 | うつわ